月別アーカイブ: 2014年1月

美容液の効果と使用方法

皮膚にただつければスキンケア化粧品の効果はあると思っている人もいますが、実は化粧水も美容液も、肌へのつけ方というものがあるのです。スキンケア化粧品の場合には、大きな美肌効果を得ることができることと、肌本来の性能をダウンさせてしまう場合とが、つけ方やタイミングによってはあるようです。洗顔が終わって、化粧水をつけたら、美容液をつけるようにしましょう。乳液で保湿するのは美容液をつけ終わったときです。栄養分を肌の奥まで浸透させることが、美容液には不可欠です。乳液などの油分で保湿クリームや乳液をつけた後につけると、はじいてしまうので要注意です。洗顔をした後は、化粧水をまず肌にしっかりとつけていきます。あまり良くないのは、化粧品をコットンにつけるやり方だそうです。何かの刺激としてコットンの線維が、皮膚を傷つける場合があるようです。スキンケア化粧品のおすすめの使い方は、手のひらに化粧水や美容液を取り、なじませるようにパッティングすることです。指の腹で優しくなじませるのは目元や口元で、手のひらで面積が広い額や頬は押さえつけるようにするのがおすすめです。肌へ負担がかかるので、強くこすったり、叩き込むようにパッティングするのは避けたほうが良いでしょう。化粧水や美容液の効果をより発揮させるのは、スキンケア化粧品を使用する時に正しい扱い方を心がけることが大事だといえるでしょう。

ウォーキング

スリムになることだけがウォーキングダイエットの効果ではありません。動脈硬化、血圧の安定、内臓脂肪やメタボリックシンドロームの改善などにも効果的といわれています。ウォーキングダイエットをすることで、普段よりも長い距離を歩くので細い血管などを発達させて血液の流れを促進する事ができるので、動脈硬化の予防が可能になります。血液中の善玉コレステロールを増加させて、悪玉コレステロールを減少させてくれるのです。血液の循環がウォーキングダイエットをすると改善するので、効果的に血圧を安定させることができます。足にたくさんの末梢神経が通っている為で、歩くと血管自身も刺激を受けて働きが活発になるので、循環器系全体が活性化されるのです。圧力をそれほどかけなくても循環器系の働きが促されることで血液を送る事がスムーズになるので、正常な血圧の値になるというわけです。ウォーキングダイエットによって内臓脂肪の改善にも役立ちます。有酸素運動である歩く運動を取り入れたダイエットがウォーキングダイエットというものなので、内臓脂肪を歩くことによって効果的に燃焼させることが可能です。内臓脂肪は、低カロリーの食事に見直したとしても改善されることは無く、脂肪を燃焼させるために運動を取り入れる必要があります。毎日の食事を工夫するだけでは、この脂肪はどうしても燃焼させることができません。メタボなどの診断を受けた人は、食生活改善に加えてダイエットのためにもウォーキングなども一緒にすることが理想的なのです。

顔のシミと肝斑

ホルモンの分泌が原因となってできた顔のシミには、肝班と呼ばれる種類のものがあります。左右対称にできること、色が薄いことなどが肝班の特徴です。目のまわり、頬、おでこ、鼻の横などにできます。シミの境界線が明確でないことが、一般的なシミと異なる部分といえるでしょう。ホルモン分泌の関係で、濃くなったり薄くなったりとするのも肝斑というのシミの特徴です。30代以上の女性の顔に肝班はできることが多いといいます。口径避妊薬や、妊娠している時にできるやすいともいいます。シミの治療にレーザーを使うと、シミをひどくしてしまう可能性があるので、肝斑を治療する場合にはレーザーは使用できないそうです。肝班ができた場合は、飲み薬による治療が一般的です。トラネキサム酸という薬が用いられており、これはもともとは止血剤として使われていたものを錠剤にしたものです。紫外線のためにできるシミと違って、肝班はホルモンの分泌量によってできるものです。ホルモンの分泌量が狂うとプラスミンという情報伝達物質の働きが活発になり、メラニンが過剰に生成されます。トラネキサム酸を使用することで、メラニンの生成を抑制する事で、肝斑ができるのを防いでくれるのです。さまざまな理由で顔にはシミができるものであり、原因に応じて治療内容も変わります。顔のシミの治療を受ける際はしっかり比較検討して、肝斑の状態に適した治療方法を選択していただきたいものです。