顔のシミと肝斑

ホルモンの分泌が原因となってできた顔のシミには、肝班と呼ばれる種類のものがあります。左右対称にできること、色が薄いことなどが肝班の特徴です。目のまわり、頬、おでこ、鼻の横などにできます。シミの境界線が明確でないことが、一般的なシミと異なる部分といえるでしょう。ホルモン分泌の関係で、濃くなったり薄くなったりとするのも肝斑というのシミの特徴です。30代以上の女性の顔に肝班はできることが多いといいます。口径避妊薬や、妊娠している時にできるやすいともいいます。シミの治療にレーザーを使うと、シミをひどくしてしまう可能性があるので、肝斑を治療する場合にはレーザーは使用できないそうです。肝班ができた場合は、飲み薬による治療が一般的です。トラネキサム酸という薬が用いられており、これはもともとは止血剤として使われていたものを錠剤にしたものです。紫外線のためにできるシミと違って、肝班はホルモンの分泌量によってできるものです。ホルモンの分泌量が狂うとプラスミンという情報伝達物質の働きが活発になり、メラニンが過剰に生成されます。トラネキサム酸を使用することで、メラニンの生成を抑制する事で、肝斑ができるのを防いでくれるのです。さまざまな理由で顔にはシミができるものであり、原因に応じて治療内容も変わります。顔のシミの治療を受ける際はしっかり比較検討して、肝斑の状態に適した治療方法を選択していただきたいものです。